90年代後半の流行ファッション

1990年代後半と言えば世紀末予言ブームに沸いた時代。西暦2000年を迎えるまで、あと少しとなったこの時代に大流行した代表的なものと言えば、ギャルのみならず女子大生やOL、ファッション大好きな若いママ世代の女性まで巻き込むほど人気になった、東京の渋谷にある109を震源地とする「マルキューファッション」でしょう。
今まで流行したエレガンススタイルや渋カジ、キレカジ、古着、平成ブランド等の流行とはまた一味違う、セクシーをベースにした雰囲気のブランドが数多く登場し、瞬く間に全国的に広がりを見せました。

当初は109系のセクシースタイルは、モードとはかけはなれたポジションとマーケットにあり、ファッションのトレンドとは一線を画する女子高校生ギャルの間の一時的な流行として捉えられていましたが、シーズンが変わっても下火になるどころかファンは増加し、新しい「セクシーギャル」というマーケットが本格的に誕生したのでした。
この109系ブームは若い女性の間で人気ブランドの洋服をかっこよく着こなす店員達への憧れを強め、人気スター並みにそのファッションやメイクを真似たり、サインをもらったりするファンを増やし、その加熱した人気ぶりから「カリスマ店員」という言葉も生まれ、様々なメディアで取り上げられ、109ブランドの販売スタッフになりたいと願う女子高校生を増加させる等の社会現象にもなりました。

21世紀の始まりを目前にした20世紀最後の1990年代後半は、他にもヤマンバギャルやボディーワイヤー、エクステンション、フォークロアファッション、サーブ・ロコファッションの再燃等の様々な流行アイテムを生み出しました。
ここではそんな、1000年代の最後となる1990年代の最後に流行した様々な事柄をご紹介しましょう。